iPhone SEをモバイルSuica端末もどきにする

iPhone SEを基本的には気に入ってますが、一番の難点はモバイルSuicaが使えないことです。そこで、Suicaを収納出来るiPhoneケースを導入しました。

スポンサーリンク
Google Ad




電車通勤にはモバイルSuicaが必須?

iPhone 5Sの前はdocomoのGalaxy Ⅲαをメイン端末にしてました。このGalaxyでモバイルSuicaの便利さを知ってしまいました。鍵とスマホだけ持って出かければ大抵何とかなります。また、通勤を考えると最低でも毎日4回改札を通ることになります。電車内では体外スマホを手にしています。スマホで改札通れてしまえば財布やカードケースをそのたびに取り出す必要がありません。一度この便利さ、手軽さを覚えてしまうともとには戻れなくなります。

iPhone SEの薄さや軽さが損なわれるため正直ケースを着けるのは好きではありません。しかし、今回はその便利さを優先してSuicaを収納可能なiPhoneケースを購入しました。

simplism NUNO を購入

Suicaを収納できるiPhoneケースは手帳型のものが多いようです。手帳型は液晶面も保護されて保護ケースとしては優秀なんでしょうが、手帳型は使用するたびに最初に「開く」という動作が必要になります。この手間が許容できなさそうなので、背面ケースに限定して探してみました。

色々ケースを見て回った結果、シンプルで手触りもよかった simplism の NUNO というケースを購入しました。

Simplism nuno

NUNO にはレザー調のものとデニムのものがありました。デニムは汚れが付きそうだったのでレザー調のものを選択しました。

Simplism nuno

上についてるプラスチック部分がイヤフォンをまとめるケーブルマネージャーになるそうです。ケーブルマネージャてイヤフォン買ったときにもついてきますが、これって使ってる人いるのでしょうか?

Simplism nuno

色は赤です。Surface3のType Coverとかもですが、なんだか赤系の色が好きなのかもしれません。

Simplism nuno

中にSuicaを収納できます。

Simplism nuno

simplism、iPhone系のアクセサリのブランド?メーカー?のようです。有名なのかな。

SuicaとiPhoneの干渉を防ぐエラー防止シート

購入前に評判を調べてみるとどうもSuicaとiPhoneの電波だか磁場だかが干渉してSuicaが反応しないことがあるとのこと。一応エラー防止シートも一緒に購入しました。

Simplism nuno

iPhoneとSuicaの間にこのエラー防止シートを挟みます。

Simplism nuno

Rooxという会社のものです。まぁ、でもエラー防止シートはどのメーカーの買っても一緒な気がします。

Simplism nuno

ケースにSuicaを入れ、その上にエラー防止シートを置きます。

iPhone SEにケースを装着

では、iPhone SEにケースをはめてみます。

Simplism nuno

ちょっと厚みは増しますが、イヤホンジャックやライトニングの端子回りはカバーされていないので使い勝手は落ちません。

Simplism nuno

ボタン回りへのアクセスが悪くならないのは個人的には大切です。

モバイルSuica(もどき)はやっぱり便利

エラー防止シートのおかげか、コンビニの支払いや改札でもストレスなくSuicaが反応してくれます。日常的に買い物をする店はほとんどSuicaが利用できます。平日会社へ行って帰宅するまで、このケースを導入することで財布を取りださないで良い日が増えました。近場なら鍵とiPhone SEとBluetoothのイヤホンだけで出かけられます。

Simplism nuno

あとは、家の鍵も電子キーになってSuicaで施錠できたら最高なんですけどね。

スポンサーリンク
Google Ad




Google Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする