HDR-AS200V、DSC-RX100M3のバッテリーが共通(NP-BX1)だった

HDR-AS200Vでの一番の課題はバッテリの持ちです。使ってる感じだと連続撮影で2時間もとれなさそうな感じです。公称値では一応115分らしいです。

スポンサーリンク
Google Ad




追加でバッテリー(NP-BX1)を買うかモバイルバッテリーを使うか

2時間以上を撮影しようと思うと、追加でバッテリーを買うか、モバイルバッテリーから給電しながら撮影するか。モバイルバッテリーでの給電でも良いのですが、1つ問題があります。

DSC00764

HDR-AS200VではMicroUSBで給電+充電を行います。このMicroUSBのコネクタがHDR-AS200Vの下部に配置されています。通常はこの位置で問題無いんですが、自転車にマウントするとハンドルバーマウント「VCT-HM1」とUSBケーブルが干渉してしまします。HDR-AS200Vの利用用途の一番は自転車の動画撮影なので、これは結構重大な問題です。(この件に関しては、対策は考えているので解決したら後日レポートします)

ということで、バッテリーの追加購入を検討してみました。

HDR-AS200VとDSC-RX100M3のバッテリーは共に「NP-BX1」

HDR-AS200Vのバッテリーは「NP-BX1」です。調べてみると、これはDSC-RX100M3のバッテリーと同じものであることがわかりました。
NP-BX1
メインのデジカメとHDR-AS200Vのバッテリーが共通なのはラッキーでした。ソニーストアーで5,130円(税抜き)と結構高いですが、両機に利用できるなら購入を検討してみるのもいいかもしれません。

NP-BX1は偽造品が出回っているみたい

注意

いつもならAmazonのリンクを貼るところですが、偽造品が結構出回っているようなのでやめておきます。個人的には古いデジカメなどでは互換バッテリーを利用することもありますが、品質上のリスクは覚悟して使っています。偽造品は互換品以上に品質に不安があります(爆発とか発熱とか液漏れとか)。共に、そんなに安いカメラでもないので購入するにしても、しばらくは純正品を検討しようと思います。(評判の良い互換バッテリーとかが出てくれば全然検討しますが。)

スポンサーリンク
Google Ad




Google Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする